MTG 総合ブログ【レガシー・モダン・最新情報】

MTGの最新情報からこれまで活躍したレガシー・モダンのデッキレシピを掲載。シングル通販の相場も比較できます。

ジャンド レガシー デッキレシピ

land 23
1 《沼/Swamp》
1 《森/Forest》
4 《燃え柳の木立ち/Grove of the Burnwillows》
3 《不毛の大地/Wasteland》
3 《Bayou》
3 《Badlands》
4 《新緑の地下墓地/Verdant Catacombs》
2 《樹木茂る山麓/Wooded Foothills》
2 《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》

creature 15
4 《死儀礼のシャーマン/Deathrite Shaman》
4 《闇の腹心/Dark Confidant》
4 《タルモゴイフ/Tarmogoyf》
3 《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》

Spell 22
4 《稲妻/Lightning Bolt》
3 《罰する火/Punishing Fire》
2 《突然の衰微/Abrupt Decay》
2 《思考囲い/Thoughtseize》
2 《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
2 《Hymn to Tourach》
1 《壌土からの生命/Life from the Loam》
1 《大渦の脈動/Maelstrom Pulse》
1 《森の知恵/Sylvan Library》
4 《ヴェールのリリアナ/Liliana of the Veil》

side 15
2 《強迫/Duress》
2 《墓掘りの檻/Surgical Extraction》
2 《自然の要求/Nature’s Claim》
2 《真髄の針/Pithing Needle》
2 《紅蓮破/Pyroblast》
2 《仕組まれた疫病/Engineered Plauge》
1 《突然の衰微/Abrupt Decay》
1 《Hymn to Tourach》
1 《血編み髪のエルフ/Bloodbraid Elf》

デッキの解説

コンセプトとしては、パワーカードの寄せ集めという例えが一番わかり易いでしょう。
黒の手札破壊、緑の強力なクリーチャー、そして黒緑という墓地やパーマネント対策に万能な組み合わせと、応用力の効く火力で構成された、1対1交換で相手を圧倒していくデッキです。

1ターンで1アクションが基本なので、序盤の手数で打ち負けたり挙動を綺麗に裁かれるとちょっと不利になります。ただし、通常の殴り合いであればパワーカードを詰め込んだ分コチラが有利で、アドバンテージ限としては《Hymn to Tourach》《闇の腹心》《罰する火》と《ヴェールのリリアナ》の組み合わせ、そしてテンポも同時に補える《血編み髪のエルフ》

血編み髪のエルフhymn to tourach

いずれも死儀礼のマナ加速から1ターン早くに唱えることが可能で、このデッキは《死儀礼のシャーマン》の登場で苦手なテンポアドバンテージを補い、大会の上位まで勝ち抜きやすくなりました。

続唱でいつ捲れても強い組み合わせになるよう、どんな状況でも有効なスペルで殆どが構成されています。

死儀礼のシャーマン ⇒ ヴェールのリリアナという勝ち筋や
死儀礼のシャーマンヴェールのリリアナ

 
思考囲い ⇒ 闇の腹心といった定番の動き
思考囲い闇の腹心

後手稲妻から ⇒ 突然の衰微と、
稲妻 mtg突然の衰微

初手によって色々な動きができて、何を引いても困らない。
初診はにも非常に扱いやすく、安定したデッキです。

 

罰する火燃え柳の木立ち

罰する火は、同型やクリーチャーデッキに強くなりますし、リリアナと組み合わせることで+1ディスカード分を簡単に取り戻すことも出来る。その分コンボデッキにはスピードが遅くなって不利になるので、メタに合わせてデッキを調整しましょう。


戻る→ デッキレシピ一覧


▽▽▽【好評予約受付中】▽▽▽

MTG予約
MTG最新エキスパンション BOX予約

特価:¥10,206(税込)【送料無料】
(在庫限りの大特価セール実施中!)





ブログランキング

にほんブログ村 ゲームブログ マジック・ザ・ギャザリングへ