MTG 総合ブログ【レガシー・モダン・最新情報】

MTGの最新情報からこれまで活躍したレガシー・モダンのデッキレシピを掲載。シングル通販の相場も比較できます。

リアニメイト レガシー デッキレシピ

land 15
1:《島/Island》
1:《沼/Swamp》
2:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
2:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
1:《霧深い雨林/Misty Rainforest》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
4:《Underground Sea》

creature 7
4:《グリセルブランド/Griselbrand》
1:《大修道士、エリシュ・ノーン/Elesh Norn, Grand Cenobite》
1:《エメリアの盾、イオナ/Iona, Shield of Emeria》
1:《潮吹きの暴君/Tidespout Tyrant》

Spell 33
4:《水蓮の花びら/Lotus Petal》
4:《渦まく知識/Brainstorm》
2:《目くらまし/Daze》
4:《納墓/Entomb》
4:《Force of Will》
4:《入念な研究/Careful Study》
4:《死体発掘/Exhume》
4:《思案/Ponder》
4:《再活性/Reanimate》
2:《実物提示教育/Show and Tell》
2:《思考囲い/Thoughtseize》

side 15
2:《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
2:《真髄の針/Pithing Needle》
1:《灰燼の乗り手/Ashen Rider》
1:《蒸気の連鎖/Chain of Vapor》
1:《棺の追放/Coffin Purge》
1:《狼狽の嵐/Flusterstorm》
1:《呪文貫き/Spell Pierce》
2:《実物提示教育/Show and Tell》
2:《思考囲い/Thoughtseize》
2:《裏切り者の都/City of Traitors》

デッキの解説

《納墓》や《入念な研究》で墓地に落とした大型クリーチャーを《再活性》《死体発掘》といった軽いリアニメイト呪文で高速召喚するデッキ。リアニメイトは古くから存在するデッキですが、レガシーにおいては《納墓》の存在と、豊富な軽量スペルのお陰でコンボ成立までが早く、同じようなコンセプトのSnT《実物提示教育》と比べて速度ではこちらが断然有利です。

比較参考 ⇒ ショーテル デッキレシピ

 

では、デッキの動きを詳細に見て行きましょう。

 

【コンボパーツを探す】
渦巻く知識思案
4:《渦まく知識/Brainstorm》
4:《思案/Ponder》

デッキの安定性を高めるのに重要な2種類のドロースペル。
青が使われるデッキには必ずと言っていいほど使われるこれらのカードは
必要なコンボパーツを揃えるために無くてはならないモノです。
また、渦巻く知識は相手の手札破壊から、必要なコンボパーツを守るといった使い方もできます。

 

【クリーチャーを墓地に落とす】
納墓入念な研究
4:《納墓/Entomb》
4:《入念な研究/Careful Study》

まず、第一アクションとしてはクリーチャーを墓地に落とす必要があります。
そのためのスペルがこの2枚です。特に《納墓》は対戦相手のデッキに合わせたクリーチャーをピンポイントで持ってこれるため、リアニメイトには欠かせないキーパーツとなります。
打ち消されないように注意、インスタントタイミングで打てるので、先手1ターン目や相手の土地が寝た時に仕掛け、一気に次のターンで勝負を決めてしまいましょう。

 

【採用されるクリーチャー】
グリセルブランドエリシュ・ノーン
エメリアの盾、イオナ潮吹きの暴君
4:《グリセルブランド/Griselbrand》
1:《大修道士、エリシュ・ノーン/Elesh Norn, Grand Cenobite》
1:《エメリアの盾、イオナ/Iona, Shield of Emeria》
1:《潮吹きの暴君/Tidespout Tyrant》

筆頭すべきは4枚採用される《グリセルブランド》ですね。
一度場に出てしまえば、7ドローで容易に次のクリーチャー+釣り竿を補充できますし、カウンター呪文を引きあてて自身を守ることも可能。
また、レガシー環境で唯一除去できる《剣を鍬に》でさえ、ライフゲインの効果から実質フリーで7枚ものアドバンテージ差がついてしまう。おそらく場に出れば、勝ったも同然でしょう。

その他部族などクリーチャー主体のデッキに対しては《大修道士、エリシュ・ノーン/Elesh Norn, Grand Cenobite》、単色デッキや、特定のキーカードに便るコンボデッキなら《エメリアの盾、イオナ/Iona, Shield of Emeria》、同型や相手の厄介なパーマネントに対処するなら《灰燼の乗り手/Ashen Rider》や《潮吹きの暴君/Tidespout Tyrant》と、それぞれ《納墓》のサーチによって使い分けることが出来ます。

 

【リアニメイト呪文】
再活性死体発掘
4《再活性》
4《死体発掘》

レガシー環境ならではの軽量リアニメイト呪文《再活性》はなんと1マナで打ててしまいますし、《死体発掘》は墓地の対象を摂らないため、複数クリーチャーを落とせば相手の《死儀礼のシャーマン》や《外科的摘出》などの単体墓地対策も脅威ではなくなります。
リアニメイトデッキでは多くの場合、この2種類が4枚ずつ採用されます。

 

【各種妨害カード】
Force of Will目くらまし
呪文貫き思考囲い
4《Force of will》
2《目くらまし》
2《呪文貫き》
2《思考囲い》

速やかにコンボを決めるための軽量カウンター呪文、手札破壊と。青黒ならではの妨害手段も豊富です。ピッチカウンターを抱えることで、時と場合によっては初手で一気にゲームを決めてしまう強さを秘めます。

水連の花びら
《水連の花びら》はコンボスピードを早めるのにも打ってつけです。速度で競う必要がある場合は、相手の特定カードで対処される前に、早々にゲームを決めてしまいましょう。

 

【第2プラン】
実物提示教育
2《実物提示教育》

リアニメイトはクリーチャーが墓地を経由しなければならないため、メイン戦であっても環境にはびこる《死儀礼のシャーマン》には注意しなければなりません。
また、サイド後に組み込まれる各種墓地対策に対して、上手く裁かなければ苦戦を強いられます。
そこで第2の勝ち筋として採用されるのが《実物提示教育》です。

サイドにある裏切りの都と一緒に使うことで、初速を犠牲にする分、相手の墓地対策を掻い潜ってクリーチャーを出すのが容易になります。グリセルブランドさえ場に出ればほぼ勝ちも確定なので、相手にするデッキ次第で柔軟に対応していきましょう。

 
灰燼の乗り手
ショーテルの同型メタとして《灰燼の乗り手/Ashen Rider》は無類の強さを発揮します。
環境に合わせて、自分なりにレシピをアレンジしていきましょう。


戻る→ デッキレシピ一覧


▽▽▽【好評予約受付中】▽▽▽

MTG予約
MTG最新エキスパンション BOX予約

特価:¥10,206(税込)【送料無料】
(在庫限りの大特価セール実施中!)





ブログランキング

にほんブログ村 ゲームブログ マジック・ザ・ギャザリングへ