MTG 総合ブログ【レガシー・モダン・最新情報】

MTGの最新情報からこれまで活躍したレガシー・モダンのデッキレシピを掲載。シングル通販の相場も比較できます。

RUGデルバー デッキレシピ

18:土地
2 《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
2 《汚染された三角州/Polluted Delta》
4 《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
3 《Tropical Island》
3 《Volcanic Island》
4 《不毛の大地/Wasteland》

12:クリーチャー
4 《秘密を掘り下げる者/Delver of Secrets》
4 《敏捷なマングース/Nimble Mongoose》
4 《タルモゴイフ/Tarmogoyf》

30:呪文
4 《渦まく知識/Brainstorm》
4 《目くらまし/Daze》
2 《四肢切断/Dismember》
4 《Force of Will》
4 《稲妻/Lightning Bolt》
2 《呪文貫き/Spell Pierce》
4 《もみ消し/Stifle》
2 《ギタクシア派の調査/Gitaxian Probe》
4 《思案/Ponder》

15:サイドボード
2 《墓掘りの檻/Grafdigger’s Cage》
2 《渋面の溶岩使い/Grim Lavamancer》
1 《真の名の宿敵/True-Name Nemesis》
1 《狼狽の嵐/Flusterstorm》
3 《紅蓮破/Pyroblast》
1 《呪文貫き/Spell Pierce》
3 《水没/Submerge》
1 《外科的摘出/Surgical Extraction》
1 《冬の宝珠》

デッキの解説

RUGデルバー(旧カナディアンスレッショルド)と呼ばれる、クロックパーミッションタイプのデッキ。レガシー当初から、どの時代にも大きな大会で結果を残してきたレガシーを代表するデッキの一つです。デッキ構成は当時からさほど変わらない、現在もほぼ固定パーツで成り立っています。

秘密を掘り下げる者俊敏なマングース

序盤を《秘密を掘り下げるもの》や《俊敏なマングース》といった軽量クリーチャーを展開しながら、《もみ消し》や《不毛の大地》《目くらまし》で相手のマナ基盤を攻めつつ序盤のテンポレースを制する。なるべく短期決戦で相手に何もさせないまま20点削り切る分かりやすいデッキです。
不毛の大地目くらまし

《もみ消し》はパーマネントの起動型能力を打ち消すことから、レガシー環境に蔓延する《霧深い雨林》のようなフェッチランドの起動に対して擬似土地破壊のように働きます。

霧深い雨林もみ消し
 
相手の脅威や除去に対しては《Force of will》《呪文貫き》《四肢切断》《稲妻》《タルモゴイフ》などで的確に対処しながら、スピーディーにクロックを刻んで勝ち逃げます。終盤の残りライフを直接火力で攻められる点もこのカラーの強み。基本は1対1交換、序盤の手数を増やす事でテンポアドバンテージを取り、確実に有利な状況に持ち込んでください。

Force of Will呪文貫き
稲妻 mtgタルモゴイフ

 

但しこれらの対策カードは、相手の挙動に合わせて適切な呪文をぶつける必要があります。噛み合わなければ、相手の動きを上手くさばくことが出来ずに不利な状況に陥ってしまうでしょう。

その為の各種ドロースペル、その場に応じたカードを順次掘り進めることで、デッキの動きを安定させることが出来ます。

渦巻く知識思案

 
土地がほしい時は土地、クロックがほしい時はクリーチャー、カウンターがほしい時はカウンター、火力の時は火力。カード1枚1枚の適材適所がはっきり別れるため、デッキの動きが安定させるのにドローサポート系の呪文はこのデッキに必要不可欠です。逆にこれらがないと、デッキの動きが噛み合わず、安定して勝ち進むことは難しくなるでしょう。《秘密を掘り下げる者》の変身可否もそうですが、このデッキにとって《渦巻く知識》《思案》は重要な役割を示します。
 
テンポ重視の構成でカードアドバンテージが全く取れないため、相手の動き一つ一つを的確に対処する必要が在ります。一つのミスが命取り。場の優位性を保ちながら、的確に相手に合わせた対処をしなければなりません。その為、これらのスペルでドローの質を高めることが重要なのです。

ギタクシア派の調査

《ギタクシア派の調査》は、テンポを損なわずに相手の手札を見ることで、プランに応じた正確なプレイングを助けてくれます。

霧深い雨林
 
さらにポイントとしては3マナ目以降、フェッチランドを安易に切らないこと。ドロースペルや《秘密を掘り下げる者》の効果によるライブラリー閲覧の後、シャッフル手段として重宝するからです。

 
RUGデルバーはこのように、1つ1つの選択にあらゆる意味で神経を使うでしょう。
 

自分のやりたいことをするデッキではない。
相手のやりたいことをさせないデッキ。

レガシーの環境をよく知らない初心者には向かない、玄人向けのデッキです。対戦相手のデッキの動きを熟知し、上手に相手の挙動を捌くことがRUGデルバーの強さを引き出すコツ。

RUGデルバーの使い手として、現環境のあらゆるデッキを回してみることが上達の近道となります。逆にこのデッキのみで一人回しはあまり上達しないので注意が必要です。

 

サイドボーディング

サイド後は、より的確に対処できるスペルを不確定カウンターや丸いパーツと入れ替えていきます。どのカードを抜いてどのカードを入れるか、これも実戦を経験しなければ掴めない感覚です。

参考例としては、上記の様なサイドボーディング。

 
ただしこの辺りは、自分の属するコミュニティの環境でいくらでも変化するので、環境のメタに応じて適切なサイドボードを揃えることが最も重要になってくるでしょう。いくらコピーデッキで大会に出ても、勝てない人は見るべき場所が違う。

 
実戦経験と環境を読む力こそが、RUGデルバーで勝ち進むのに無くてはならないものなのです。


戻る→ デッキレシピ一覧


▽▽▽【好評予約受付中】▽▽▽

MTG予約
MTG最新エキスパンション BOX予約

特価:¥10,206(税込)【送料無料】
(在庫限りの大特価セール実施中!)





ブログランキング

にほんブログ村 ゲームブログ マジック・ザ・ギャザリングへ